トレーリングストップ

【本編動画 8本目】

トレーリングストップ(14:28)

どのように切り上げていくか?がトレーリングストップの肝となる

トレーリングストップというのは、利確注文を入れずにストップ注文のみを入れ、トレンドが継続するに従ってストップを切り上げていく決済方法になります。

トレーリングストップ チャート

トレーリングストップを行うことで勝率が下がることはありませんが、微益で終わり、素直に利確注文を入れたほうが利益が大きくなるケースは多々あります。

しかし、その分やり方がハマれば一撃で爆益を狙うことも十分可能です。

なので、あらかじめ利確を入れるやり方にもトレーリングストップにも、それぞれメリット・デメリットがあり一長一短となっています。

また、スインガーにはこのやり方を行う方が多いので、トレーリングストップ自体は特に珍しいやり方でもなんでもありません。

しかし、どういったタイミングでどこにストップを切り上げていくのか?が肝なので、その辺をぷーさんなりに詳しく解説しているのが、今回の動画の内容になります。

今回は5枚のチャートを用いて解説されていますが、ぷーさんのやり方も特別珍しいやり方ではなく、一般的なやり方だと思います。

ぷーさん自身も、こういったやり方をしている方が多く、王道的なやり方として紹介していますからね。

ただし、ぷーさんのストップを切り上げるやり方というのは、ぷーさん式のエントリー手法と似たような考え方で切り上げていくので、動画を順番に見ている方にとっては理解しやすいのではないかなと感じました。

ちなみにぷーさんはトレーリングストップを行うことはほぼ無いようで、推奨するわけでもなく、あくまでも紹介だけの補足的な内容になっています。

なので、ある程度取引経験のある方であれば挑戦してみるのも良いとは思いますが、そうでない方は、利確と損切り注文を入れてほったらかすというベーシックなやり方をまずは身に付けていくべきだと思います。

最初からあれもこれもと手を出してしまうと、結局中途半端でどっちつかずになってしまうと思いますからね。

ぷーさん式の次の動画解説記事
⇒ ユーロドル 2001 2002